田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホーム ご案内 がん治療 栄養療法 健康教室
がん免疫細胞療法
 
ドクター田中>最先端のがん治療「がん免疫細胞療法」とは
Dr.TANAKA がんは遺伝子病であり、免疫病です。患者さまに生来備わっている免疫メカニズムを応用した「がん免疫細胞療法」は、がん細胞を攻撃するだけでなく、不具合が起きた遺伝子の修復を助け、がんの元になるがん幹細胞を撃退できる画期的な治療法です。

■天与の免疫システムに学んだカスタムメイドのがん治療
人間の体には病気を自ら癒す天与のメカニズム、”免疫システム”が備わっています。がん細胞やウイルス感染細胞などの異物を自ら掃除する免疫システムを研究して生まれたのが「がん免疫細胞療法」です。免疫には主に2通りあります。予防接種のように後天的に攻撃対象を記憶させ、特定の対象を攻撃する仕組みを「獲得免疫」と言い、体内をパトロールし異物があれば攻撃する仕組みを「自然免疫」と言います。

当クリニックでは、獲得免疫で特定のがんを攻撃をする「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン」と自然免疫を強化する「活性NK細胞療法」「活性NK/NKT/γδT細胞療法」を採用しています。患者さまにあわせ、ハイブリットに組み合わせて治療を行なっています。いずれの治療方法も、正常細胞は破壊せず、がん細胞だけを狙い撃ちする「分子標的療法」です。患者さまご自身の免疫力によって細胞レベルでがんを攻撃するため、副作用はほとんどなく、QQL(生活の質)を維持したまま治療を続けることが可能です。

■標準治療では死滅させることが難しい「がん幹細胞」を狙い撃つ

がん細胞には「がん幹細胞」の存在が明らかになっています。「がん幹細胞」とはがんが生まれる元になっている細胞です。自己複製する能力があり、がん細胞を際限なく作り続けます。また、がん細胞は細胞周期が遅いのが特徴で、細胞分裂が盛んながん細胞を狙う抗がん剤や放射線治療では効果が少なく生き延びてしまうため、治療後も再発・転移の可能性が残ります。

この「がん幹細胞」の撃退には免疫細胞療法が効果的でありことが、複数の大学の研究により証明されています。当クリニックでも2002年より免疫細胞療法の臨床研究の取組んでおり、がん幹細胞をターゲットとして狙い撃つ「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン」と自然免疫を利用する「活性NK細胞療法」「活性NK/NKT/γδQ細胞療法」を併用することで多くの実績を残してきました。



がん免疫細胞療法の特徴

 
がん細胞を標的にピンポイントでがんを叩く「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン」
樹状細胞は免疫システムの指令塔です。がん細胞の目印(ペプチド)を攻撃役の免疫細胞(キラーT細胞)に提示して、この目印を持つがん細胞を攻撃します。がん細胞のアポトーシスを誘導して、死滅させる仕組みです。
※ロングペプチドを使った当院の「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン」は、キラーT細胞のはたらきを助けるヘルパーT細胞を活性化できるので、さらに高い効果を得られます。
がん細胞を標的にピンポイントでがんを叩く「<strong>ABeVax</strong>®-多価樹状細胞ワクチン」

がん細胞を無条件に攻撃する「活性NK細胞療法」
人の体の中では、がんの殺し屋と呼ばれる「ナチュラルキラー細胞」が活動しています。自然免疫と呼ばれるこれらの免疫細胞は、全身をくまなくパトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞を一斉攻撃します。
がん細胞を無条件に攻撃する「活性NK細胞療法」

特許技術による「ABeVax®-ハイブリット免疫療法」のしくみと治療の流れ
多様な細胞の集団であるがんの治療には、自然免疫系と獲得免疫系を双方同時に働きかけることで相乗効果が期待できます。わずかな量の静脈採血から、作用機序のことなる「ABeVax®-多可価樹状細胞ワクチン(獲得免疫系)と「活性NK細胞」(自然免疫系)のハイブリッド免疫療法を可能にしたのが、ABeVax®-(エイビーバックス)の技術です。効率的に多様ながん細胞を攻撃し、がん細胞の免疫エスケープを逃がさない理想的ながん治療です。
※「ABeVax®-多価樹状細胞ワクチン療法」「活性NK細胞療法」および「活性NK/NKT/γδT細胞療法」は、単独でも治療が可能です。
「<strong>ABeVax</strong>®-ハイブリット免疫療法」のしくみと治療の流れ

■特許技術による「ABeVax®-ハイブリット免疫療法」のしくみ

がんは多様な細胞の集団です。がん細胞の親玉といわれ、延々とがん細胞を作り続ける”がん幹細胞”の存在や免疫システムの監視を逃れようと、あの手この手を使ってその”姿を変えながら増殖していくがん細胞”の存在、抗がん剤に耐性を獲得して”死ににくくなっていくがん細胞”の存在などから、がんは成立っています。

NK細胞(自然免疫)は、正常細胞とがん細胞の違いをMHCクラスI分子の有無で認識します。正常細胞には自己の細胞であることを示すMHCクラスI分子が細胞表面に出ていますが、多くのがん細胞にはMHCクラスIが出ていません。(missing-self説)。するとNK細胞は非自己とみなして攻撃してしまいます。しかし、がん細胞の中には正常細胞を装ってMHCクラスIを出しているものもいます。この場合、NK細胞ではがん細胞を攻撃することはできません。そこでキラーT細胞(獲得免疫)の出番です。樹状細胞に教育されたキラーT細胞は、がん細胞のMHCクラスI分子にあるが抗原(がんの目印)を認識して、ピンポイントでがん細胞に攻撃を仕掛けるのです。

ハイブリットで免疫細胞療法を行なうメリットは、このように多様ながん細胞に対応する以外にも、免疫細胞間の相互作用により、NK細胞は樹状細胞によって活性化され、キラーT細胞はNK細胞によって活性化されることが知られてます。従って、作用機序の異なる免疫細胞療法をハイブリッドで受けることは、相乗効果でより強力な治療効果を期待できます。

特に、樹状細胞を用いたワクチン治療は技術的に難易度が高く、提供できる医療機関は現在のところ世界でもそう多くはありません。当クリニックは、日本で先駆的にこの治療に取り組み、様々な面で技術を確立・改善してきました。
例えば、従来は長時間のアフェレーシス(成分採血)を必要としていましたが、当クリニックでは1回わずか25ml、5分程度の採血でワクチンを作成できる技術を確立しました(特許第5577472号)。患者さまの負担が軽減しただけでなく、1回毎の採血によるワクチン作成が可能になったことでワクチンの鮮度も向上させました。また、WT1、NY-ESO-1、MAGE-A3他オーバーラップさせたロング・ペプチドを、患者さまのがんに合わせて3〜6種類使用するため、ヘルパーT細胞も同時に活性化する強力なワクチンを提供しています。

■特許技術による「ABeVax®-ハイブリット免疫療法」の治療の流れ
「<strong>ABeVax</strong>®-ハイブリット免疫療法」の治療の流れ


検査費用
1回 500,000円(税別)
1回目採血時検査 35,000円(税別)


田中クリニックの医療に関する相談を希望する方は、専用フォームよりお問い合わせください。


田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。