田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

サーチュイン検査
 
ドクター田中>サーチュイン検査とは
Dr.TANAKA 「長寿遺伝子」「抗老化遺伝子」とも呼ばれるサーチュインは、もともと酵母や線虫の老化を抑制する遺伝子(Sir2)として発見され、ヒトにも同じ遺伝子(SIRT1)があることが分かつています。
サーチュインは誰もが持つている遺伝子ですが、その発現量に個人差があり、サーチュイン遺伝子が活性化していない=老化のスピードが速まっていると考えられます。
この検査では、あなたのサーチュイン遺伝子の発現量を調べることで、抗老化力を把握し、そこから様々な疾患へのなり易さを検査します。
   
サーチュイン検査とは?

■今話題の予防医学。あなたの現在の抗老化力を調べる新しい血液検査です。
■あなたのサーチュイン遺伝子発現量がどの程度なのかがわかります。生活習慣改善もご提案。
■疾患予防に取組むきっかけ作りに。定期的な検査で生活改善の効果が実感できます。

サーチュイン遺伝子の発現量の低い人は
サーチュイン遺伝子の発現量が低いと、将来的に以下のような疾患リスクが高まります。
・糖尿病(※1)・動脈硬化(※2)・認知症(※3)
・骨粗鬆症(※4)・サルコペニア(筋肉量の減少)(※5)など
サーチュイン遺伝子の発現量は高めることができます。サーチュイン遺伝子の発現量が低い方は検査結果アドバイスを基に食生活、ストレス、運動習慣を改善し、予防対策を始められることをオススメします。
【出典】※1) Eur J Histochem 2011Jan 18;55(1):e10. ※2) Arterioscler Thromb Vasc Biol.2011 Sep;31(9):2054‐62. ※3) J Neuropathol Exp Neurol.2009 Jan;68(1):48-58. ※4) Cells Tissues Organs.2009;189(1-4):93-7. ※5)Biol Chem.2009 Aug 14;284(33):21872-80.
このような方にオススメです
・健康長寿を達成したい方  ・健康に漠然と不安のある方
・いつまでも若々しくいたい方  ・未来の自分を守りたい方

メタボ予備軍の人は要注意
サーチュイン遺伝子の発現量は内臓脂肪の蓄積量(※6)やメタボの進行度(※7)と負の相関を示します。
メタボ予備軍の人は要注意
【出典】※6)Endocr J. 2013;60(11):1269-73. ※7)Diabetes.2010 Apr;59(4):1006-15.
検査結果例
検査結果例
検査の流れ
@提携医療機関にお申込み
(窓口もしくはお電話)
A後日、医師から検査の説明を受け、採血 B検査結果とアドバイスについて医療機関で説明を受けます(採血から3〜4週間後)

金額 40,000円(税別)



田中クリニックの医療に関する相談を希望する方は、専用フォームよりお問い合わせください。


田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。