田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

免疫療法
 
ドクター田中>免疫療法とは
Dr.TANAKA このページでは、癌(がん)のさまざまな治療法をイメージ化してわかりやすく解説します。
癌(がん)を克服するのは難しく、どの治療法も決定的な効果を上げるまでには至らず、
免疫療法も同様に癌(がん)を直接攻撃して倒すというものではありません。
そこで、既存の治療法に免疫療法を併用した総合的な治療法に私は着眼しています。
   
癌(がん)治療法をご覧ください

 

←こちらをご覧ください!

【外科療法】
外科手術は、癌の発生が一つの臓器だけに限られている時、それを全て切除してしまうことができれば、治癒の可能性はかなり高いというもの。 臓器によっては、一時的に機能低下などが認められても、代償機能により機能改善があり、後遺障害のあまり起こらないものもあると言えます。それも、元どおりとはいかないでしょう。手術後にその臓器の機能が一時的にでも低下することは避けられません。

 

←こちらをご覧ください!

【放射線療法】
放射線療法は手術による外科療法と違い、比較的組織の損傷は少なくて済むのですが、100%癌細胞を取り除くことは難しく、放射線を浴びることで局所の症状以外に体の免疫力や各臓器の機能は低下してしまう弱点もあります。
副作用は、白血球減少、貧血、吐き気、嘔吐、倦怠感から、粘膜損傷、皮膚潰瘍、むくみ、神経障害・消化及び循環器障害など多岐にわたって起こす可能性があります。
その上、抗癌剤療法や放射線療法の場合、各機能の低下や生体の免疫力低下、それらによって生ずる更なる副作用によって抵抗力の減弱した体に、より以上の刺激が加わって、さらに悪化することもあるのです。

 

←こちらをご覧ください!

【化学療法(抗がん剤)】
抗がん剤は作用のしかたや由来などにより、代謝拮抗剤(たいしゃきっこうざい)、アルキル化剤、抗がん性抗生物質、植物アルカロイドなどに分類されています。アルキル化剤や抗がん性抗生物質は、ある一定の濃度に達すると作用時間が短くても確実に効きます。しかし正常細胞への攻撃も避けられません。そこで現在、薬をより効果的にがん病巣に到達させる研究が盛んに行われています。
また、がんに特異性の高い標的を探し出し、その標的に効率よく作用する薬の開発も積極的に行われています。

 

免疫療法をイメージ化するとこうなります
癌の免疫療法は、大きく次の2つに分けられます。
@「癌の認知」を目的とするもの。
A「癌の排除」に力点をおくもの。
この2つについて、少し詳しく説明します。
@「癌の認知」を目的とするもの。
@は、免疫に癌細胞を異物として認知できるようなシステムをつくることです。特異的免疫療法と呼ばれ、ハスミワクチンはこの代表です。
免疫が癌の存在をはっきり認知できないと(体が癌を異物として認知しない)、いわゆる免疫学的な寛容状態にあります)、実践部隊のTリンパ球やBリンパ球を強化しても結局は癌を発見できないので効果的な働きが期待できません。そこで、癌の抗原情報を見つけ出し、がん細胞を排除するCTL(細胞障害性Tリンパ球)を誘導する樹状細胞の働きが必要となります。その樹状細胞のワクチン(DC療法)を用いた方法が臨床応用されつつあります。
A「癌の排除」に力点をおくもの。
Aは総体的に免疫力を高めることにより、二次的に癌排除に有効となる治療法です。非特異的免疫療法と呼ばれ、異物をやっつけようとする体全体の力を増強することで癌を排除する療法です。
漢方薬(霊芝)、アガリクス、プロポリスなどの最近話題になっているもので、免疫増強作用を持っています。その効果は、NK(ナチュラルキラー)細胞(発生時の癌排除に関与)の増強やヘルパーTリンパ球の活性化により、CTLの数を増やすと同時に癌を排除する力をつけさせて、再び体内に戻す免疫療法であるLAK(Lymphokine Activated Killer)療法も臨床応用されています。また抗癌漢方薬「イムノハスミ」なども使用されています。

以上、むずかしい話になってしまいました。要するに、一般の免疫療法により癌と戦う兵隊の増員と武装化をすすめ、癌ワクチンにより指令本部に癌と正常細胞の識別の仕方を教えるというように、癌の免疫療法の2つの長所により、癌に対する抵抗力を獲得する必要があります。
いずれにしても、癌と戦うためには、一般療法(手術、抗癌剤、放射線)に付け加えて、うまく免疫療法を組み合わせて使用することが必要です。
田中クリニックでは、癌免疫療法を積極的にすすめている珠光会に協力して、患者様により良い免疫療法を提供したいと考えております。


田中クリニックの医療に関する相談を希望する方は、専用フォームよりお問い合わせください。


田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。