田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

アルテミシニン誘導体アルテスネイトによるがん治療
 
 
アルテスネイトの抗がん効果
アルテスネイトはさまざまながん細胞に対して抗腫瘍効果を示すことが報告されています。
培養細胞や動物実験では、白血病、乳がん、肺がん、胃がん、肝臓がん、胆管がん、卵巣がん、子宮頸がん、子宮内膜がん、骨髄腫、膵臓がん、大腸がん、脳腫瘍、前立腺がん、咽頭扁平上皮がん、口腔扁平上皮がん、悪性黒色腫などに対する抗腫瘍作用が報告されています。
臨床例での有効性を認めた症例報告も多くあります。
 
アルテミシエンについて
中国では古くから青高(せいこう/※高の字は、正しくは高に草冠となります)というキク科ヨモギ属の植物が、解熱剤などとして用いられてきました。
青高から分離されたアルテミシエンとその誘導体アルテスネイトは、現在マラリアの治療薬として世界中で使用されています。
そして近年、アルテミシエンに抗がん作用があることが多くの研究で明らかにされてきました。
 
副作用について
抗腫瘍作用を示す投与量では正常細胞に対する毒性が低く、副作用がほとんどないという特徴を持っています。
アルテスネイトは昔からマラリアの治療に使われていた生薬の成分で、安全性が高く副作用が軽度であることが確かめられています。
 
「アルテミシエン誘導体」アルテスネイトでのがん治療
がん細胞がフリーラジカルに弱い特性を利用
がん細胞は、トランスフェリンレセプターを介したメカニズムにより、鉄を多く取り込んでいます。
つまりがん細胞内には鉄イオンが多く含まれているのですが、アルテスネイトはその鉄イオンと反応して、フリーラジカルを発生します。
一般にフリーラジカルはがんを発生させる原因とされますが、一方でがん細胞自体がフリーラジカルに弱いことも知られています。
そのためアルテスネイトが投与されると、がん細胞が選択的に障害を受け、消滅するのです。
以上のことから、アルテスネイトを投与する前に鉄を投与して、がん細胞内の鉄の量を増やしておくと、抗腫瘍作用を増強することができます。
がん細胞内に鉄が多くあるのに比べ、正常細胞はあまり鉄を含んでいません。
したがってアルテスネイトは、がん細胞に比較的特異的に細胞障害作用を示します。
加えて、正常細胞にはSODやカタラーゼ、グルタチオン・ペルオキシダーゼといったフリーラジカルの害を消す抗酸化酵素が含まれていますが、がん細胞にはそれらがほとんど含まれていないため、がん細胞だけが消滅することになるわけです。
 
多彩な抗がん作用
アルテスネイトの抗腫瘍作用のメカニズムは、がん細胞内でフリーラジカルの産生を増やし、酸化ストレスを高めて、がん細胞に細胞死(アポトーシスや壊死)を引き起こすのが基本です。 さらに、腫瘍組織の血管新生を阻害する作用、細胞外の結合組織を分解する酵素の活性を阻害することによってがん細胞の転移と浸潤を抑制する作用、トポイソメラーゼUα阻害作用や細胞内シグナル伝達系に作用してアポトーシスを誘導する作用など、多彩な抗がん作用が報告されています。
 
アリレテミシエン誘導体アルテスネイト
誘導体(ゆうどうたい、英:derivative)は、有機化学の用語のひとつで、ある有機化合物を母体として考えたとき、官能基の導入、酸化、還元、原子の置き換えなど、母体の構造や性質を大幅に変えない程度の改変がなされた化合物のこと。
 
アルテスネイトの抗がん作用のしくみ
 
正常細胞とがん細胞の比較
 
アルテスネイト注射液(60mg)価格のお知らせ
価格

750,000円(1本50,000円×1クール15本)

商品名

アルテスネイト注射液(60mg)

適応症

全てのがん腫に適用(白血病を含む)

アレルギー検査

5cc皮下注射してアレルギー反応を確認する。

投与プログラム(1クール:15本)

・静脈注射

・1日2本(初回のみ1本)
 @ 週3回投与(1日おき)治療期間 約2週間
 A 週2回投与(2日おき)治療期間 約3週間

 
 



田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。