田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

遺伝子検査
 
ドクター田中>免疫細胞療法
Dr.TANAKA 副作用がなく、日常生活ができ、延命効果がある体に優しい治療法が模索されています
   
免疫細胞療法とは
免疫細胞療法とは、体に元々存在する自己免疫細胞を培養増殖・活性化して再び点滴などによって体内に戻す治療法です。
自己の細胞を利用することから、副作用が極めて少なく、体に優しい治療として、近年最も注目されているがんの治療法です。

先進医療として、大学病院やがんセンターでも実施されています。全国に十数種類の免疫細胞療法がありますが、主に使用する免疫細胞が異なり、治療効果は全く異なる結果となっています。従来の免疫細胞療法は治療効果が30%以下と報告されていました。
培養する免疫細胞が圧倒的に多い
免疫細胞療法は免疫細胞を増殖するために培地と言われる栄養源を使います。
免疫細胞「BAK療法」で使用する培地は、無血清のALys-BAK培地です。人の血清を全く使用しないことで、道のウイルスや細菌が混入しない安全な培地です。また、血清を用いる他の培地に比べ、細胞増殖機能が極めて優れています。

さらに最新の細胞培養設備と培養技術により、免疫細胞を約100億個まで増殖します。
通常は約10〜60億個の培養ですが、約2〜10倍の増殖を可能にしています。
 
独自のリンパ球を使用
免疫細胞「BAK療法」の使用する免疫細胞は独自の細胞が多く、その中でもNK細胞、γδT細胞(CD56陽性)は特徴的な細胞です


田中クリニックへ癌に関する医療相談を希望する方は、専用フォームよりお問い合わせください。


田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。