田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

6種複合免疫療法
 
6種複合免疫療法


6種複合免疫療法とは、がん免疫療法の1つで、私たちの体の中にある免疫細胞を一度体外へ取り出し、活性化・増殖させて体内へ戻し、がんと闘う力を増強させる療法です。
6種複合免疫療法を開発した倉持恒雄(医学博士)は、1970年代より米国、カナダの医科大学で免疫学を学び、以来40年以上にわたって研究を重ね、6,000人以上のがん患者様の細胞を培養し、がん治療に貢献してきました。
その中で、最初に抹消血中のリンパ球とNK細胞をフラスコの中で活性化・増殖させる培養方法を発見し、その後「NKT細胞」「γδ(ガンマ・デルタ)T細胞」「樹状細胞」「ヘルパーT細胞」を加えた6種類の細胞を同時に活性化・増殖させることに成功。現在の6種複合免疫療法を確立しました。
 

ヘルパーT細胞 (免疫の司令塔となる)

ヘルパーT細胞は、免疫の司令塔と言われる細胞です。
樹状細胞からがん細胞が自分自身を証明する「証」(抗原)の情報を受け取ると、免疫活性化物質(サイトカイン)を放出してキラーT細胞やNK細胞などの各実行部隊に攻撃の指令を出します。
 

キラーT細胞 (指令に忠実に働く)

キラーT細胞は、抗原を持っているがん細胞を破壊することができます。
しかし多くの場合、がん細胞は抗原を隠しているため、すべてのがん細胞を破壊することができません。
またキラーT細胞は、CTL細胞(細胞障害性Tリンパ球)とも呼ばれています。
 

NK細胞 (がんを見つけ次第、退治する)

NK(ナチュラルキラー)細胞は、常に体内をパトロールしています。
がん細胞を見つけると直ちに攻撃を開始し、がん細胞を破壊します。
NK細胞は抗原を持っているがん細胞も、隠しているがん細胞も見つけ出し、直接攻撃・破壊することができます。
しかし時には抗原を持っているがん細胞を取り逃がしてしまうこともあります。
 

NKT細胞 (自らも戦う、がん治療の究極の助っ人)

キラーT細胞とNK細胞の問題を解決できる、両方の性質を持つ新しいタイプのリンパ球です。
抗原を隠しているがん細胞を見つけ出し、直接攻撃・破壊することができます。
がん治療において究極の助っ人のような存在で、抗がん剤や放射線で傷害を受けた細胞や組織の修復もできることがわかってきました。
 

γδT細胞 (抗腫瘍作用でがんを退治する)

γδ(ガンマ・デルタ)T細胞は強力な抗腫瘍作用をもち、抗原を隠しているがん細胞でも排除します。
また、感染初期の免疫反応に応え、感染症から全身を防御したり、傷害を受けた細胞や組織の修復を助ける働きがあります。
 

樹状細胞 (敵の情報を入手し、攻撃目標を伝達)

抗原提示細胞とも呼ばれ、門番のような存在です。
抗原をいち早く見つけ出し、その情報をヘルパーT細胞に伝え、免疫反応が起こるようにスイッチを入れる役目をする細胞です。
末梢血中の樹状細胞は未熟であり、がん抗原を認識することが困難です。
樹状細胞が成熟するためには活性化したNKT細胞の存在が必要です。
株式会社同仁がん免疫研究所では、NKT細胞を活性化し、樹状細胞を成熟させる特許技術を持っています。

 
 
 
6種複合免疫療法
 
免疫療法に最も重要な細胞は「NKT細胞」です。


6種複合免疫療法「BASIC」では、6種類の免疫細胞を用いてがんの発生・再発リスクを低減します。
これら6種類の免疫細胞を同時に活性化し、数を増やすためには、NKT細胞の活性化が最も重要です。
NKT細胞は直接がん細胞を攻撃するのみならず、IFN-Y(インターフェロンガンマ)などのサイトカインを放出することで、がん細胞を攻撃する様々な免疫細胞を同時に活性化し、免疫細胞のネットワーク全体を強化します。
 

 
多面的な抗腫瘍効果を有するNKT細胞
 

1.強力な免疫活性(アジュバンド)作用

がん細胞を攻撃する様々な免疫細胞を総動員してがん細胞を攻撃させます。

 

2.長期免疫記憶機能の獲得

NKT細胞により活性化された一部の免疫細胞が長期免疫記憶機能を獲得。
持続的に動員させることで長期的にがん細胞を攻撃します。

 

3.樹状細胞の成熟化

成熟させた樹状細胞にがん抗原を十分に認識させ、他の免疫細胞に情報を伝達させてがん細胞への免疫反応を誘導します。

 

4.免疫抑制環境の改善

NKT細胞は免疫抑制環境を改善します。
また、活性化したNKT細胞を用いた進行性非小細胞肺がんの臨床試験において、免疫抑制を解除する免疫チェックポイント阻害薬と同等の効果が報告されています。
 

 
 
 
6種複合免疫療法
 
「がん細胞」と「がん幹細胞」の両方を攻撃。新しい樹状細胞獲得免疫ワクチン療法


6種複合免疫療法「BASIC」にがん共通抗原WT1ペプチド及びがん幹細胞特異抗原ペプチドを付加した、当研究所独自の樹状細胞ワクチン療法です。
ペプチドにより標的のがん情報を記憶した免疫細胞が、がん細胞とがん幹細胞の両方を攻撃します。
樹状細胞ががん共通抗原ペプチドおよびがん幹細胞特異抗原ペプチドを認識すると、その情報をヘルパーT細胞、NKT細胞、キラーT細胞に伝達します。
それにより免疫細胞が活性化・増殖し、サイトカインを放出してがん細胞とがん幹細胞の両方を攻撃させます。
NK細胞は直接、がん幹細胞・がん細胞を攻撃します。γδT細胞は、各抗原を直接認識あるいは食作用により各抗原を食べて活性化し、細胞障害性リンパ球(CTL)に抗原提示を行いがん幹細胞・がん細胞を攻撃します。
ヘルパーT細胞は、これら免疫反応の司令塔となり、免疫細胞に攻撃の司令を出しています。
 

 
 
 
6種複合免疫療法
 
6回を1クール、約4.5ヶ月かけて点滴による治療を行います。


基本的に3週間ごとに6回を1クールとして、約4.5ヶ月かけて治療を行います。
100mlの生理食塩水が入った点滴治療用バッグ(免疫細胞浮遊液)に輸血セットを連結して静脈内に点滴します。
投与時間は約20分~30分程度です。
点滴・治療の都度のお支払いであり、医療費を一度に支払う必要もありません。
他のがん治療に比べて精神的・肉体的苦痛が少く、患者様のQOL(生活の質)の向上にもつながります。
 

治療スケジュール/基本的な治療の流れ
 
6種複合免疫療法

STEP.1

30ccの採血により、一度体の外に免疫細胞を取り出す。

STEP.2

6種類の免疫細胞を、培養によって同時に増殖させる。

STEP.3

約3週間の培養により、1,000〜2,000万個だった免疫細胞が、20〜50億個にまで増殖。

STEP.4

増殖した免疫細胞を点滴の形で投与し、再度体の中に戻す。

 
治療に必要なもの
 

診療情報提供書

現在掛かっている医師からの紹介状や、診療情報提供書

血液検査・画像診断データ

血液検査データ、最近撮られたレントゲン、PET-CT、CT、MRI、PETのフィルムやデータ

同意書用の印鑑

治療前に同意書へ捺印いただくための印鑑(※直筆でサインいただく場合は不要です)

服薬中の薬などの情報

現在服薬中の薬などあれば、それらの情報

 
6種複合免疫療法
 

治療の流れをPDFで見る

 
 
 
 
6種複合免疫療法

直近235名のうち183名が治療有効と評価できました。
(完全・部分寛解39%+長期不変39%)

 

●免疫療法単独で治療した患者様(88名)

A判定・B判定(長期不変)が67名(76%)

抗がん剤を併用した患者様(147名)

A判定・B判定(長期不変)が116名(79%)
 

6種複合免疫療法(6回/1クール)を受けたがん患者様を対象とした治療実績。
1クール終了後にCT、MRI、PETなどで、がん病変の測定が可能、かつ治療前後で患者様の追跡調査が可能だった直近の235名(男性114名、女性121名)の有効率。(2018年9月現在)

 
6種複合免疫療法
判定基準
 

A判定 完全(CR)・部分寛解(PR)

腫瘍が消失。または30%以上縮小した。
腫瘍マーカーが下がった。
再発の兆しが無い状態。

B判定 長期不変(LongSD)

腫瘍の大きさ、転移の状況も不変。
腫瘍マーカーが下降あるいは横ばいの状態。
生活の質が改善された状態。

C判定 延命効果(SD)

治療に関わらず腫瘍が少しずつ増大し、腫瘍マーカーも少しずつ上昇しているが、緩やかな進行と思われる状態。

D判定 無効(PD)

治療に関係なく、腫瘍の増大や転移がみられるなど、病状が進行した状態。

 
 

ステージV、Wの患者様でも高い治療有効率を実現しています。
(直近235例の86%はステージVb以降)

 
6種複合免疫療法
病期と判定
 

ステージT

腫瘍が小さく、隣接する組織に広がっていないがん。
早期がんと判断。

ステージU

比較的腫瘍が小さく、広がりも周囲のリンパ節や隣接する組織までに留まっている状態。

ステージV

腫瘍が比較的大きく、隣接する臓器にまで広がっている進行がん。

ステージW

腫瘍が離れた他の臓器にまで転移している状態。(遠隔転移あり)

 
 
 
6種複合免疫療法
70代 女性 多発性肝細胞がん ステージVb(C型肝炎、肝硬変)
 

治療前の状態

25年前に肝炎(C型)、肝硬変と診断されていた。
体調不良を訴えて近所の病院でCT検査を受けたところ、肝右葉に4.5cm大の腫瘍が認められた。
そのほかにも、肝内に多数の小さな腫瘤が認められた。
腹水やリンパ節転移は認められなかった。
診断の結果、手術不能の多発性肝細胞がんと判定され、抗がん剤治療を実施。
その後、本療法を開始することになった。

治療経過

2週間ごとに6回、1クール治療を実施。
その後、維持療法として6週間ごとに3回、3ヶ月ごとに2回実施した。
その結果、腫瘍マーカーがa-FPが225.4ng/ml(基準値10ng/ml以下)から53.2ng/mlに、PIVKA-IIが21787mAU/ml(基準値40mAU/ml未満)から4916mAU/mlに下がった。
CT検査結果では腹水も認められず、腫瘍は縮小。他の腫瘍についても腫大は認められず、不変であった。

 
 
 
 
 
60代 女性 肺がん(腺がん)、胸膜播種、周囲リンパ節転移 ステージW
 

治療前の状態

呼吸困難、貧血、食欲不振で体調不良を訴え、病院でPET/CT検査を受けた。
その結果、右肺中葉に2.5cmの腫瘍が認められた。
その後、右中肺葉線がん、右胸膜播種、多発性両肺転移、第9胸椎転移と診断される。
その他にも右気胸と少量の胸水が認められた。
抗がん剤の標準治療を受けた後、本療法を開始した。

治療経過

2週間ごとに6回、1クール治療を実施した。
腫瘍マーカーは治療開始前のCEAが10.8ng/ml(基準値5ng/ml以下)から5回目終了後は4.6ng/mlに、IL-2Rが476U/ml(基準値135~483U/ml)から4回目終了後は373U/mlと低下した。
4回目終了後のPET/CT検査結果では、前回と比較して第9胸椎転移は消失、右肺中葉の腫瘍、リンパ節転移は縮小、胸膜播種の小結節は減少していた。

 
 
 
 
6種複合免疫療法
国内初、免疫細胞培養技術の特許を取得しています。
 

6種複合免疫療法の細胞培養技術とCTC-Kによるがん検査の技術は、それぞれ日本と韓国で特許を取得しています。
6種複合免疫療法では、他では提供することの出来ない有効性と精度の高い技術をご提供致します。

日本:2012年3月23日取得(特許第4953403号)
韓国:2013年8月16日取得(特許第10-1299299号)

 
厚生労働省の許可を受けた施設で細胞培養を行います。
 

細胞培養を行う施設はCPC(CellProcessingCenter)と呼ばれ、厚生労働省から許可を受けています。
細胞培養を行う上での極めて高度な安全管理体制を確立しており、全国の医療機関から細胞培養の委託を受ける体制を整えています。

施設番号:FA7150002

 
がん3大療法との併用が可能。ほぼ全てのがんに対応します。
 

がん3大療法(外科手術/化学療法/放射線治療)との併用が可能です。
一部(T細胞・NK細胞・NKT細胞型白血病/T細胞・NK細胞・NKT細胞型悪性リンパ腫)を除く、ほぼ全てのがんに対応します。
また、手術後に残ったがん細胞、がん幹細胞にも対応し、がん細胞増殖の抑制、再発・転移の予防にも効果的です。

 
患者様へのご負担が少なく、QOLの向上が見込めます。
 

患者様ご自身の免疫細胞を使用するため、副作用がほとんどありません。
治療は採血と点滴(20~30分)で、入院の必要がありません。
点滴・治療の都度のお支払いであり、高額な医療費を一度に支払う必要もありません。
他のがん治療に比べて精神的・肉体的苦痛が少なく、患者様のQOL(生活の質)の向上につながります。

 
 
 
6種複合免疫療法
BASICコース
 

6種類の免疫細胞を用いた免疫療法です。免疫力の向上、がんの予防に適応できます。

初期培養費

16,200円

(1クールごと初回のみ)

治療費

270,000円(税込)

(1治療分)

6回投与(1クール)

1,620,000円(税込)

※1投与(270,000円)ごとのお支払いです。医療機関によってその他、初診料や検査費がかかる場合があります。

 
 
CSCコース
 

6種複合免疫療法「BASIC」に、WT1ペプチドとがん幹細胞を標的としたペプチドを付加した治療法です。
ほぼ全てのがんの治療、がんの予防や手術後の転移・再発の予防にも適応できます。

初期培養費

16,200円

(1クールごと初回のみ)

治療費

318,600円(税込)

(1治療分)

6回投与(1クール)

1,911,600円(税込)

※1投与(318,600円)ごとのお支払いです。医療機関によってその他、初診料や検査費がかかる場合があります。

 
 
 



田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。