田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホーム ご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

免疫療法懇談会「特別講演会」

メシマコブによる免疫力亢進の検討

メシマコブによる免疫力亢進の検討

〇田中 善(1、渡部柳子(2、作田和子(2

1)医療法人仁善会田中クリニック
2)米国珠光会東京ラボ

要旨

【目的】
メシマコブ(Phellinus1inteus)は抗がん効果、免疫賦活作用があるとされている。
今回、ELISP0T法を用いて、メシマコブの免疫カ亢進効果を検討した。

【方法】
基礎検討
(1)健常人2人の末梢血単核球(PBMC)にメシマコブを最終濃度50μg/ml、100μg/mlになるように添加し、ELISPOT法にてIFN-γ産生細胞の有無を測定した。

臨床検討
(1) がん患者4人(@53歳女性乳がん、A69歳男性肺小細胞がん、B66歳男性肺腺がん、C61歳男性大腸がん)を被験者として、メシマコブ服用前(Day0)、服用3か月後(Day90)にヘパリン採血を行い、PBMCを分取した。

(2) 基礎検討と同様の方法で、メシマコブ最終濃度25μg/ml、50μg/mlで3日間培養し、その後ELISPOT法で測定した。

 

【結果】
基礎検討:SP0T数はMean±SDで、健常人1がcontrol 4.0±1.0、メシマコブ50μg/ml31.3±4.2、メシマコブ100μg/ml 30.3±3.8、健常人2はそれぞれ5.0±1.0、41.7±16.1、47.0±16.1であった。いずれもメシマコブ刺激により増加していた。

臨床検討:SP0T数は、@メシマコブ25μg/mlのDay0で20、Day90で60、50μg/mlのDay0で18、Day90で125であつた。同様に、Aはそれぞれ53、61、55、66といずれもメシマコブ投与後に増加していた。また、Bは14、14、27、12、Cは58、26、41、19と増加が認められなかった。

【考察】
基礎検討から、メシマコブ添加によりIFN-γ産生細胞が増加することが確認されCTLが誘導されていることが示唆された。また、がん患者でSPOT数の増加があったことにより、メシマコブ服用により生体内でCTLが誘導された、もしくは誘導されやすい状態になっていることが示唆された。

【結語】
メシマコブはCTLの誘導を促進し、免疫賦活効果を有することが示唆される。

 
発表
 




免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。