田中クリニック(内科・循環器科・アレルギー科・リハビリテーション科)
お問合せ サイトマップ
ホームご案内 がん治療 栄養療法 健康教室

遺伝子検査
 
ドクター田中>CANTECT遺伝子検査とは
Dr.TANAKA CANTECT遺伝子検査という血液から遺伝子を調べることで、多数のがん関連遺伝子の状態を一括検査・解析し、がんの超早期リスク診断を行います。
この検査によって超早期のがん発見が可能になり予防管理、再発防止管理ができるようになります。
テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」でも特集さました。
   
がん遺伝子とは?
他検査との比較
@一般のがん検診との違い
現在の医療現場では、がん組織の画像および病理診断による確認を経て、医師による総合的な見地から「がん」であることが診断されます。
つまり画像等で確認できる程度まで大きくなったがん細胞しか発見することができませんでした。
しかし、CANTECT遺伝子検査を行うことで、発がんする前の分子・細胞レベルのがんを発見することができるようになりました。発がん前の微細ながん細胞を早期に見つけ出すことで予防的に癌と戦うことができます。
A腫瘍マーカーとの違い
腫瘍マーカーは血液中に放出されたがん組織由来のたんぱく質などを抗体により判定するのに対し、CANTECT遺伝子検査はがん由来の核酸(DNAやRNA)を遺伝子解析技術を用いて検出しますので、微細な癌細胞を発見する事ができます。
ただ、腫瘍マーカーではがんの状態や種類により検出されない場合があるのと同様、CANTECT遺伝子検査も検出不可能ながんが存在する可能性もありますので、相互に補完しあう形での利用が望ましいと言えます。
B一般的な遺伝子検査との違い
一般に行われている生活習慣病に対する遺伝子検査の多くは、親から子へ受け継がれた先天的な遺伝形質を調べる検査です。それに対し、CANTECT遺伝子検査は後天的に変化している“現在の”遺伝子状態を検査します。したがって、この検査では、加齢や生活習慣、自己の免疫力の状態、癌の治癒状態により変化します。
がん細胞の大きさ別検査方法
検査方法の比較
検査コース
検査項目 FreeDNA濃度測定
発現解析
変異解析
メチル化解析
必要採血量 【当社指定の採血管使用】 25mL
検査費用 200,000円(税別)

検査の流れ
検査の流れ


田中クリニックの医療に関する相談を希望する方は、専用フォームよりお問い合わせください。


田中クリニック医療相談 tel:06-6711-3770
免責事項 - リンクロゴについて - お問い合わせ
Copyright (C) Tanaka Medical Clinic. All Rights Reserved.
田中クリニックの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。